月1400pips最強トレーダー『F』作成
【波の定義】SPレポート申込み

月1400pips最強トレーダー『F』による
【リアルタイム相場認識】無料配信申込み

HOME > テクニカル強化に役立つ > 相場観を養うたった1つの方法

エントリー無料添削問い合わせフォーム

エントリー無料添削はこちらから

【リアルタイム相場認識図無料配信】申込み

2,000人の追加募集中です!
詳細は↓をクリックし、お申込下さい!
リアルタイム相場認識図無料配信はこちら

満員御礼!!参加者が1,000人に達したため、当企画の募集は終了しました!!

検索フォーム・内容別記事一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

限定ブログ

Fさん限定ブログはこちら

プロフィール

G.HIT
G.HIT

Author:G.HIT
こんにちは~G-HITです^^僕達3人は週単位・月単位・年単位で収支をマイナス転落させることなく、安定した収益を出し続ける常勝トレーダートリオです。僕たち3人が収支をプラスにし続けることができているのは、「FXにおける期待値」を常に追い続けているからです。このFXブログでは、「相場の本質」とは何か、「FXの本質とはどの様なものであるのか」をまず理解していただき、相場の捉え方・戦略の立て方・メンタル面・実践等、読んでくれた方が僕達と同様に「FXにおける期待値」を追うために必要な1から10まで全てを伝えていきたいと思っています。そのうえで僕たちと共に楽しく「FXにおける期待値」を追い続けていきましょう!FXブログのいち更新者として皆様と共に成長し続けていきたいと思っています(^ω^)

※注意事項
FXや投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断と責任の元で行ってください。
管理者及び情報提供者は、一切の責任及び負担を負わないものとします。

↓もし、記事を見て少しでも役に立ったら応援ポチをよろしくお願いします^^↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
投資ギャンブル ブログサイトランキングFX為替 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]

期待値で生きるの人気記事ランキング

フォローお願いします(^ω^)


FOLLOWして頂けると
G-HITによる日々の相場認識や
G-HITの私生活を覗けます(^ω^)
また、ブログの更新通知を受けれます!

月1400pips専業トレーダー「Fさん」まとめ

我がブログが生んだ怪物。
最強の勉強会メンバー
専業トレーダー「Fさん」の記事を以下にまとめています(^ω^)
月1400pips取得怪物トレーダーFの記事まとめ

最新記事

最新コメント

相場観を養うたった1つの方法

こんばんは(^ω^)はっちです!



今日はいきなりFXのお話!



例えば、相場を見ていて、

「これ絶対高値まで行く上昇だ。」

とか、

「これは落ちるな。」

と確信する時ってないですか?



もちろん、FXという不確定な世界で確信を持ってしまってはまずいのですが、

リアルタイムで相場を見ているとそう感じることって結構ありますよね。



これは、僕や皆さんが個々に持っている「相場観」がそう感じさせているわけですが、



例えば、「これは落ちるな」と確信した時に、

自分の持っているルールに適合した買いのエントリーポイントがやってきたとします。




この時の正しい行動は一体何だと思いますか?





実は僕が最近確信を持っていることが一つあって、

それは、相場観を養うことで、思っている以上にトレード成績が向上するということです。



今日は、その相場観を養う重要性と、相場観とトレードルールの正しい関係性を説明したうえで、
相場観を養うたった1つの方法について書いていきたいと思います(^ω^)

相場観を養う重要性


Canbeさんをはじめとして、よくSkypeで読者の方とお話をする機会があるのですが、

相手のトレードを聞いたり、自分のトレードを話したりする中で、


「あれ?でもその基準で言ったらここはエントリーしてないんですか?」

「いや。ここはさすがに厳しいと思ったので。」

「確かに。」



というやり取りが互いに存在します。


既に勝ち続けられている人に多い傾向として、
言葉では説明しきれない何かが、トレードに含まれています。



もちろん、順を追って考えてみると結局、

「どこどこのレートを抜けたから。」

とか、


「ここを抜けるならもっとガッツリ抜けないと、上がると思えない」


とか、その時々でトレードを見送った理由は説明できるのですが、


全てを統一化できない何かがあることは間違いないです。



この、「統一化できない何か」という部分が個々が持っている「相場観」であり、

結局、トレードルールで全てをカバーできるわけではないので、
カバーしきれない部分は個々の相場観が物をいうようになります。


なので、よっぽどカチンコチンのトレードルールを構築しない限り、
相場観の養成は避けては通れない道であり、


実はトレーダー個人個人が養われた相場観を持つことは、

FXで期待値を稼いでいくうえで必要不可欠な要素だったりするのです。


相場観とトレードルールの正しい関係性


ここで冒頭の問いに戻りますが、

「これは落ちるな」と確信した時に、
自分の持っているトレードルールに適合した買いのエントリーポイントがやってきたとして、

その時エントリーをするべきか、それとも見送るべきかですね。

結論から書くと、
「エントリーを見送るべき」だと僕は考えています。


というか、
そういったリアルタイムでの判断をトレードルールに組み込むべきだと考えています。


こういう風に書くと、
難しく感じてしまったり混乱や誤解を生んでしまうと思いますので、もう少し詳細に説明していきます。


例えば、僕も一定のトレードルールがあるのですが、
長期が下図のような状況でも、トレードルールに適合するとします。
相場観を養うたった1つの方法

僕の相場観で言うと、これって激しく上に抜けていく図しか想定できないので、

僕は、売りトレードを見送ります。



かといって、トレードルールに、

「長期上向きの三角持ち合いになって、最後の三角の安値を抜けて・・・」


と書いていては、

トレードルールはどんどん複雑化していくし、

毎回A4紙何枚も暗記してからトレードに臨む。みたいなことになるので、


あくまで、トレードルールに適合したものはトレードするよ。

という前提の中で、

自分の相場観を基に考えて「嫌な形」認定したらトレードしない。
くらいの事柄をトレードルールに組み込んでいます(^ω^)


相場観を養うたった1つの方法


相場観を養うたった1つの方法、それは


できるだけ長い時間、リアルタイムチャートを見ることです。



この時、ただぼーっと動いている相場を眺めるだけではもったいないので、
下記3つの観点で相場を見るようにするとより効果的です(^ω^)

1.チャートの全体像(長期足等)を見てこの後どうなるかを考えてみる。
→結果も後から確認するのではなく、動いているチャートで確認。

2.短期足の動きを見て、1.の情報も合わせてこの後どうなるのかを考えてみる。
→結果も後から確認するのではなく、動いているチャートで確認。

3.ローソク足の動きに注目してみる。
→高安値を超えてくるローソク足の動き・高安値にチャレンジして失敗するときのローソク足の動き・トレンド転換するときのローソク足の動きとか、パターン分けして確認。



既に出来上がった状態の過去チャート検証は、
理論の証明という意味では有効な方法ですが、相場観を養うにあたってはあまり意味を成しません。


何故なら、動いているチャートを見ていると


この流れからどうなるのか?→こうなった!


という相場に対する想像力が働くようになったり、
実際のローソク足の動きから、

あ、この動きは・・・と考えられるようになるのに比べ、


過去チャート検証では既に先の答えが見えてしまっていますし、
ローソク足は動いていません。



実際のトレード時にリアルタイムで見送る等の判断を下すことができるように、


今回の記事をキッカケに、できるだけ長く実際に動いているチャートに向き合い、
それと同時に、自らの相場観養成に向き合ってもらえたらと思います(`・ω・´)ウマイ



では!最後に↓から今日の記事をシェアしてもらえたら嬉しく思いますm(_ _)m
ご協力よろしくお願いします(●´ω`●)
関連記事


~G-HITからのお知らせ~

期間限定!!
3000100%

現在下記リンクから口座開設を行うと3000円分無料トレード
さらに期間限定100%ボーナスも受け取れます!

(必ず↓のリンクから開設してください^^)


この機会にXMの口座を作ってみてはいかがでしょうか(^ω^)
100%ボーナスの例:3万円入金 ⇒ 6万円分トレード可能 5万円入金 ⇒ 10万円分トレード可能

その他のFX口座をお考えの方は以下の記事を参考にしてもらえたらと思います^^
オススメFX口座&お得にFXの口座を開設する方法
2017-03-30 20:40 : テクニカル強化に役立つ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
相場観の必要性を書いてる記事を始まて見ました。自分にとってはかなり有益な情報でした。
早速明日から1,2,3を実践してみたいと思います。
2017-03-31 00:52 : まつたか URL : 編集
Re: No title
まつたかさん

コメントありがとうございます(^ω^)

いいな!と思ったことをすぐに実行に移せるのは素晴らしいですね(^ω^)
是非是非やってみてください!
2017-04-13 20:52 : はっち URL : 編集
« next  ホーム  prev »